アニメ制作に携わる人が行くセミナーの特徴

プロがプロに教わるということは、どの業界にもあります。企業秘密を教えるのではなく、業界全体がさらに発展していくための技術をお互いが共有し合うことが目的です。アニメの世界はデジタル技術やコンテンツが発展していく中で、さらなる発展をしていく業界ですので、共有できる技術は広く共有することが多いです。特にCG作成時のソフトウェアの使用方法などはとり入れ方や使い方など基本的ではなく、発展的な部分での話を聞くことができます。もちろん技術に関するセミナーだけでなく人材育成や、会社経営など多岐にわたります。アニメーターの方たちは狭い業界であるためなのか、横のつながりが強い業界です。漫画家や声優、監督、音楽とさまざまな人たちが密になって仕事をしていることがあります。そんな働き方の良い点に対する話なども、雑誌対談という形で知る事もできます。

アニメの中で作画セミナーはコツを学んでいける場所

キャラクターを動かすうえで、作画も非常に重要です。人の目に最もわかりやすく見える部分でもあります。酷い作画に関しては作画崩壊と笑われ、ネットでさらされることもあります。この様に重要な点であり、アニメの絵に関する部分に関わる方の多くが通る道である作画はセミナーも多いです。特にデジタル作画に関しては学生や新人と呼ばれる人達を対象に多く開催されています。具体的に何を学ぶのか、それは絵の描き方です。出来て当たり前ではと思われるかもしれませんし、もちろん個人の技量もありますが、コツもあるのです。練習すれば描けるようになる絵もあり、また全体をキレイにできるコツもあります。自分で学ぶことももちろん可能ですが、人に教えてもらうことで、自分では気づかなかった方法を知ることができるという点は非常に大きいです。

作画や技術だけでないアニメのセミナーに行く理由

アニメのセミナーに参加したいが、何に参加すればいいのかわからないという場合、苦手なところや、知りたいところに注目して選ぶ方法もあります。またより知識を深めたいという場合もあります。それだけではなく多くの人の話を聞きたいという方もいると思います。講師をされる方は、やはりこの業界で様々な経験や、技術を持っている方が多いので、学ぶことは非常に多くなります。講師の方を特定して参加することで、その方に繋がる人間関係の繋がりを作れることもあります。また同じ職種の人間として、いろいろな人たちと縁を結ぶことは非常に有効です。いずれ自分が作品を作りたいと思っている方たちにとって、ひとりで作品を作るのではなく、多くの方と協力することで、良いものを作ることができ、さらに上に行くことができるということもあります。技術を学ぶだけでなく人間関係を構築するためにも大切な点です。