福井県と他県の賃貸物件や状況の違いを解説

心機一転、新生活を始めることになった場合、まず検討しなければならないのが新居をどのように決めるかです。新居を構える際には、その時の家族構成や生活環境を踏まえた上で、自分の今の状況にあった家を探さなければなりません。また、家を探す方法として、賃貸物件にするのか、それとも持ち家を購入するのかが重要になってきます。一般的に一人暮らしをされる方や、転勤などで、慣れない新しい土地での生活を始める方は、住居を選定する際には賃貸に決める方が多いかもしれません。そんな賃貸と持ち家との状況を調べてみると、実は都会や郊外など、地域によってもそれぞれ状況に多少の違いが見られることもあります。今回は、そんな住まいに関して、福井での賃貸状況にどのような特徴があるのか、その違いについて紹介します。

福井の賃貸状況について考えてみよう

福井は他の都道府県と比べてみても、賃貸物件より持ち家に住んでいる方の割合が高い傾向があります。都道府県ごとの持ち家率がどうなっているのかを調べてみても、福井の持ち家率は全国トップクラスで、持ち家の延べ面積も他県と比べて高いデータがあります。世帯ごとの収入や貯蓄も高い一方で、見栄っ張りな県民性もあると言われており、広い家に自分の部屋を持っている家庭も多いので、その影響があるのではないのでしょう。時には、賃貸用住宅の空き家率で、福井が都道府県別で最も高くなってしまったこともあります。都会に比べて、広い家を安く購入しやすかったり、二世帯、三世帯での大家族で暮らしていたりする方も多いので、そういった環境から賃貸物件よりも持ち家が比率として多くなってしまうのでしょう。

福井の賃貸状況の変化について紹介します

福井と比べて持ち家率が半分以下の東京と比べてみると、やはり単身者世帯の割合が影響してくるようです。東京の約半数が単身者世帯なのに対して、福井では単身者世帯が3割以下です。そんな中、持ち家志向が全国的に見ても根強い傾向があるのも事実です。結果的に、地方で家族と共に生活するのに広い土地を手に入れやすいことが持ち家率の水準が高いことにつながっていくようです。このように福井は賃貸より持ち家が多い傾向があるとはいえ、その状況は最近になって少し変わってきています。数パーセントの差ではありますが、数年の間に持ち家率が少し下がったのに対して、借家率が少し上がったというデータがあります。これは、転勤族や民営の借家の増加によるものなど、現代の生活環境の変化に伴うものかもしれません。